2016


  • 馬場健太郎,蓑輪洋一,坂口正道:鏡を用いた運動錯覚を誘発する両手ボール回しシステムの開発,
    第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016), 3B2-5, pp.2216-2219 (2016).

  • 加藤雅人,坂口正道:選球眼を鍛えるバーチャルトレーニングシステムの提案,
    第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016), 2O3-6, pp.2107-2111 (2016).

  • Hirokazu Minowa, Kentaro Baba, Masamichi Sakaguchi: Prototype Kinesthetic Illusory Device Using Combination of Active and Passive Motion,
    AsiaHaptics 2016, 55B-2 (2016).

  • Takuya Makishima, Masaki Orimoto, Masamichi Sakaguchi: Basic Study on Motor Ability Evaluation and Training SystemUsing Virtual Collision Avoidance,
    AsiaHaptics 2016, 14A-1 (2016).

  • 牧島拓也,坂口正道:VRによる衝突回避動作計測システムの試作とそれを用いた基礎研究,
    第21回日本バーチャルリアリティ学会大会(VRSJ2016),33B-03 (2016).

  • 小松祐介,坂口正道:水を用いた温度提示システムのインタフェース応用に関する設計論,
    第21回日本バーチャルリアリティ学会大会(VRSJ2016),33A-01 (2016).

  • Yusuke Komatsu, Masamichi Sakaguchi: Development of Thermal Grill Illusion Display Having Uniform Surface,
    EuroHaptics2016, Work-in-Progress 038 (2016).

  • 坂口正道,西和田昌恭,蓑輪洋一:視覚,触覚および聴覚フィードバックにより運動主体感を生成する手指運動リハビリテーションシステムの開発,
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016 (Robomech2016), 2A2-02b6 (2016).


2015


  • 早川恭平,小松祐介,坂口正道:温度提示が風景写真の季節感に与える影響に関する研究,
    第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015),1L3-6,pp.932-936 (2015)

  • 小松祐介,早川恭平,坂口正道:水の流れを用いたサーマルグリル錯覚提示デバイスの試作,
    第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015),2L1-7,pp.1766-1768 (2015)

  • 蓑輪洋一,西和田昌恭,坂口正道:3D映像に触覚を付与したバーチャル運動学習評価システムの開発,
    第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015),3L2-3,pp.2663-2666 (2015)

  • Kosuke KITOMI,Masamichi SAKAGUCHI,Mitsuya HORIBA,Ikuo WADA:
    Development of the Mirror Therapy System with Tactile Sense Presentation,
    Proceedings of the 6th International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015),1A1-02,pp.3-4 (2015)

  • 小松祐介,早川恭平,坂口正道:サーマルグリル錯覚ディスプレイの提示面に関する考察,
    日本バーチャルリアリティ学会力触覚の提示と計算研究会第16回研究会, HDC16-02 (2015)

  • 蓑輪 洋一,西和田昌恭,坂口正道:Leap Motionと触覚を簡単に合わせるには,
    日本バーチャルリアリティ学会力触覚の提示と計算研究会第16回研究会,HDC16-10 (2015)

  • 坂口正道,馬場健太郎:運動錯覚を誘発するボール回しシステムの視覚と触覚の同期に関する研究,
    第20回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,11A-3, pp.9-11 (2015).

  • 木富康介,坂口正道,堀場充哉,和田郁雄:触覚提示機能を付与したミラーセラピーシステムの開発,
    第20回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,32A-3, pp.383-386 (2015).

  • 名知貴明,坂口正道:位置と速度による受動的な書字動作支援システムの開発,
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 (Robomech2015),1P1-H10 (2015).

  • 今井和紀,早川恭平,坂口正道:水の流れを用いた頸部への温度提示による心拍変動の変化,
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 (Robomech2015),2A2-W05 (2015).

  • 馬場健太郎,坂口正道:リハビリテーションを目指した視覚と触覚を同時に提示するボール回しシステムの開発,
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 (Robomech2015),1P2-M08 (2015).

  • 安部沙織,木富康介,坂口正道:鏡像運動を利用したリハビリテーション支援器具の開発,
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 (Robomech2015),1P2-L08 (2015).


2014


  • 西和田昌恭,坂口正道:拡張現実を用いたバーチャルハンド錯覚システムの検証,
    第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2014), 1K1-3, pp.779-782 (2014).

  • 馬場健太郎,坂口正道:視覚と触覚の同時提示により運動錯覚を誘発するボール回しシステムの開発,
    第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2014), 1K1-4, pp.783-784 (2014).

  • 坂口正道,穂永涼,今井和紀,早川恭平:水の流量を利用した温度提示システムの開発に関する基礎研究,
    第19回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,32A-5, pp.448-449 (2014).

  • 今井和紀,早川恭平,坂口正道:頸部への温度提示が人間に与える影響に関する研究,
    第19回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,32A-6, pp.450-453 (2014).

  • Masamichi Sakaguchi, Kazuki Imai, Kyohei Hayakawa: Development of High-Speed Thermal Display using Water Flow,
    Human Interface and the Management of Information. Information and Knowledge Design and Evaluation. Lecture Notes in Computer Science Vol.8521, pp.233-240 (2014).

  • 坂口正道,青山真士:拡張現実感を用いたバーチャルハンドイリュージョンシステムの開発,
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014 (Robomech2014),2A2-K03 (2014).


2013


  • 坂口正道,今井和紀,早川恭平:頸部への温度提示による温熱的快適感の変化に関する研究,
    第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2013),2I2-6, pp.1573-1574 (2013).

  • 今井和紀,早川恭平,坂口正道:頸部への温度提示による温熱的快適感可変システムの開発,
    第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2013),3I1-2, pp.2411-2412 (2013).

  • 坂口正道,西和田昌恭,青山真士:VR技術を用いた運動学習評価システムの試作,
    第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2013),2I1-5, pp.1553-1555 (2013).

  • Kazuki Imai, Masamichi Sakaguchi, Jumpei Arata: High-Speed Thermal Display using Water Flow,
    IEEE World Haptics Conference 2013, The 5th Joint Eurohaptics Conference and IEEE Haptics Symposium, D1-22 (2013).

  • 今井和紀, 坂口正道:頭頸部への温度提示による視覚情報の印象変化に関する研究,
    第18回日本バーチャルリアリティ学会大会(VRSJ2013), 21E-2, TOB_13, pp.303-304 (2013).【学術奨励賞受賞】

  • 坂口正道,松永瑞希,青山真士,齋藤恭裕,荒田純平:視覚刺激と触覚刺激を同期させた上肢リハビリ訓練システムの開発,
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 (Robomech2013), 1A2-C11 (2013).

  • 坂口正道,藤本英雄,武居直行:技能体験システム,特許第5382712号 (2013).


2012


  • 坂口正道,今井和紀:頭頸部に対する温度提示システムの開発と基礎実験,
    第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2012), 3D1-1, pp.2031-2034 (2012).

  • 齋藤恭裕,青山真士,松永瑞希,坂口正道:ARと生体信号と用いた上肢リハビリ訓練システムの開発と評価,
    第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2012), 3J1-4, pp.2471-2474 (2012).

  • 青山真士,齋藤恭裕,松永瑞希,坂口正道:ARを用いた手指麻痺リハビリ訓練システムの評価,
    生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会(LIFE2012),OS1-2-2 (2012).

  • 坂口正道,今井和紀,清水俊介:水の流れを用いた温度提示システムの開発,
    第17回日本バーチャルリアリティ学会大会(VRSJ2012),31D-6, pp.459-462 (2012).

  • 川上文啓,坂口正道,藤本英雄,武居直行,青木広宙:位置と力覚の同時提示による技能体験の官能評価に関する研究,
    日本ロボット学会第30回記念学術講演会(RSJ2012),4C1-4 (2012).

  • 坂口正道,尾畑宏幸,清水俊介:温水と冷水を用いた高速温度提示システムの構築,
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012 (Robomec2012),1A1-A01 (2012).


2011


  • 川上文啓,坂口正道,青木広宙,武居直行,藤本英雄:技能体験のための位置と力覚の受動的提示法に関する研究,
    第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2011),1C4-3 (2011).【SI2011優秀講演賞受賞】

  • 尾畑宏幸,坂口正道,藤本英雄:水とお湯を用いた温度ディスプレイの開発,
    第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2011), 1I4-6, pp.679-680 (2011).

  • 坂口正道,川上文啓,青木広宙,武居直行,藤本英雄:位置と力覚の同時提示による押し込み動作体験実験,
    第16回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集 (VRSJ2011),11E-1, pp.73-76 (2011).

  • 川上文啓,坂口正道,青木広宙,藤本英雄,武居直行:腕の運びと筆への力覚を提示可能な書道技能体験システムの開発,
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011講演論文集 (Robomec2011),2P2-O11 (2011).


2010


  • 坂口正道,川上文啓,青木広宙,藤本英雄,武居直行:位置と力覚の同時提示による書道技能体験システムの開発,
    第28回日本ロボット学会学術講演会予稿集 (RSJ2010), 1K2-3 (2010).

  • 坂口正道,青木広宙,武居直行,藤本英雄:位置と力覚の同時提示による書道技能の体験,
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2010講演論文集 (Robomec2010),1A1-B26 (2010).


2009


  • 坂口正道,藤本英雄,武居直行:現場で位置と力覚を同時に提示可能な技能体験システムの開発,
    第27回日本ロボット学会学術講演会 (RSJ2009),2H2-06 (2009).

  • 坂口正道,藤本英雄,武居直行:現場で位置と力覚を同時に提示可能な技能体験システムの提案,
    第14回日本バーチャルリアリティ学会大会大会論文集 (VRSJ2009),3D3-3 (2009).

  • 藤本英雄,坂口正道:動きを伴う熟練伝統技能の保存伝承,
    日本設計工学会誌,Vol.44, No.2, pp.65-70 (2009).


2008


  • 古村正偉,坂口正道,荒田純平,藤本英雄:温度変化と映像提示を用いた接触感覚の提示に関する研究,
    第9回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2008)講演論文集,3B2-6, pp.977-978 (2008).

  • 坂口正道,横井悟,荒田純平,藤本英雄:高速制御が可能な温度ディスプレイの開発,
    豊田研究報告,Vol.61, pp.211-217 (2008).


2007


  • 坂口正道,横井悟,荒田純平,藤本英雄:高速に温度制御可能な熱インタフェースの開発,
    日本バーチャルリアリティ学会第12回大会論文集 (VRSJ2007),2A2-1, pp.371-374 (2007).

  • 横井悟,坂口正道,荒田純平,藤本英雄:熱を用いたヒューマンインタフェースの開発に関する研究,
    日本機械学会第56期総会講演会講演論文集,pp.11-12 (2007).


2006


  • 村井俊文,横井悟,坂口正道,荒田純平,藤本英雄:熱を利用したディスプレイの開発に関する基礎研究,
    ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.8,No.5,pp.59-64 (2006).

  • 坂口正道,横井 悟,荒田純平,藤本英雄:熱インタフェースによる情報提示に関する研究,
    日本バーチャルリアリティ学会第11回大会論文集 (VRSJ2006),1A1-6, pp.15-16 (2006).

  • 横井悟,坂口正道,藤本英雄:熱を用いたヒューマンインタフェースの温度制御に関する研究,
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'06講演論文集 (Robomec2006),1P1-D10 (2006).